スロット立ち回り攻略~第1弾【稼働地域の選定】~

この記事では、仕事帰りや、学生の長期休み、専業に成り立てでいざハイエナを始めるにあたって、どこで稼働をするかといった稼働地域選定のポイントを紹介します。

稼働地域を決めるポイント

 

→結論から言うと『店舗が密集している地域』を選択しましょう。

 

ハイエナはジグマから複数店舗時代へ

現在はやめどきや天井などがネット社会で浸透しています。よって、昔程ジグマ(1つの店舗内で立ち回ること)でハイエナをしても、なかなか高い期待値の台が拾えません。

 

よって、複数店舗を持つことにより、打てる台の母数を増やす事が重要だと僕は考えます。(もちろんジグマでも十分やっていける甘い環境も地域によってあると思います)

 

アプリを使った稼働地域探し

 

次に、複数店舗が密集する地域の探し方です。ネットのグーグル地図検索でもいいですが、オススメは”パチンコMAP“と呼ばれるアプリです。

 

このアプリは地域を指定すると、p-worldに登録されているパチンコ店がマップ内に表示されます。そこから

店舗情報も見ることができます。

 

店舗情報をチェック

 

店舗が密集しているめぼしい地域を見つけたら、次にすることは個別の店舗ホームページのチェックです。チェックするポイントは大きく2つ。

 

台構成

2016年5月現在、ハイエナとして主力で活躍する機種はミリオンゴッド神々の凱旋です。この台の台数が多い店舗が密集している地域がオススメです。
また昔の機種を取り揃えるバラエティーコーナーも重要です。現在の新基準機は、はまっていても天井期待値が低いため、旧基準機(カイジ3、鉄拳3、主役は銭形など)が揃っている店舗があればなおいいです。

 

貯玉カードの有無

現在は非等価の地域も多く、貯玉カードの有無は換金ギャップを考えると大事なポイントです。
密集している地域にも貯玉カードがある店舗、ない店舗、また、あっても貯玉制限がある店舗など、店舗毎に様々です。
出来るだけ貯玉無制限の店舗が密集している地域を選定しましょう。

 

以上が稼働を始めるにあたっての地域選定のポイントになります。

『いやいや、逆に過疎地域を複数回る方が拾えるよ』
『俺のとこはジグマで余裕だけど』

などの意見も多々あると思います。ただ、僕個人はこのやり方で2015年度は685万の収支をあげることができました。正解はないので、参考になった!と思われた方はぜひやってみてください(∪^ω^)

コメントを残す