稼働中にパソコンを紛失!?一連の流れから、専業の貴重品管理を考察

ショック!

どうも、ハルです(∪^ω^)
今回は稼働記事ではなく、最近起こったちょっと不幸な身の上話をしたいと思います笑

 

 

というのも、実は最近設定狙いなどのデータをまとめたパソコンを盗まれました(゚o゚;;

-----スポンサードリンク-----

あれ、荷物がない・・・

 

パソコンは、稼働後から下見までの空いた時間に、稼働日記などの下書きを書くために持ってきていました。

 

 

いつもある店舗の無料ロッカーに預けていたんですが、ある日稼働後に取り出そうとすると、パソコンを入れたカバンが丸ごと無くなっていました!(;´Д`)

 

 

店員さんに店舗の監視カメラで確認してもらうと、誰かが持ち去った映像が映っていたとのこと。(店舗の防犯カメラ映像は、個人では見せてもらうことは基本的にできません。店舗のセキュリティーに関わるからというのが主な理由のようです。)

 

 

その後、被害届を警察に出しに行ったり、店舗に被害届を出した時にもらえる問い合わせ番号控えを渡しに行ったり、3時間程時間を取られました・・・(´Д`;)/ヽァ

 

後日談

 

犯罪の多い地域で警察も多忙なため、盗難1件に時間をなかなか割くことができないから、犯人逮捕もパソコンが見つかることも望み薄と警察から言われていました。

 

 

しかし、盗まれてから11日後に、警察から電話で犯人が捕まって盗まれたパソコンも見つかったとの連絡が入りました!!(;゚Д゚)

 

 

話を聞くと、どうやら犯人は盗んだロッカーがある店舗の常連だったらしく、再び来店した際に犯人の顔を覚えてくれていた店員が取り押さえてくれたようです!!(ノ)’∀`(ヾ)

 

 

その後、パソコンは犯人にとって不要だったようで、デパートのトイレに放置されていたところをデパートの警備員が発見したという流れでした。

 

盗難品の受け取りまでの流れ

 

盗難品であるパソコンを受け取るのも簡単ではありませんでした。当初はいつでも警察に行けば受け取れるものと思っていました。

 

 

しかし、警察も多忙のようで、警察から連絡が入るまで待ってそれから取りに行くという流れでした。結局、見つかったという連絡が入った日から4日後に盗難品は手元に戻ってきました。

 

 

受け取りは、まずは盗難品の確認です。被害届での供述内容と盗難品の特徴が合っていることを確認し、確認後に

・確認用の書類への記入、捺印
・身分証明書の提示

を求められました。

 

その後、被害届を出していたため、供述書の確認を刑事の方と行い、最後はドラマのように盗まれた現場まで行って盗まれたロッカーに指をさして写真を取りました笑

 

今回の事を踏まえて

 

今回は、犯人がお店の常連で、無防備に再来店してくれたから捕まりました。

 

 

しかし、通常であれば泣き寝入りする事がほとんどだと思います。

 

 

僕は今回パソコンを盗まれましたが、それ以外にも財布の置き引きや残高が残ったパッキーの盗難、別積みのメダルの盗難など、パチンコ屋では多くの犯罪行為が起こっています。

 

 

一般の方もそうですが、専業にも降りかかる可能性があります。

 

 

まさか自分が被害にあうわけがないと決めつけず、常に危機意識を持って稼働することが大事だと今回の出来事で思いました。

 

 

専業の方だと、メダルの盗難や、台取りで利用した携帯の盗難などが起こりうることでしょうか。等価交換のところは財布を利用することも多いので、財布の盗難にも気を付けたいですね。

 

 

また、仮に店内で盗まれた場合は、最近の店舗では顔認証システムを導入しているところがほとんどらしく、犯人が再来店した場合は自動的に警報が発令するようにできるようです。お店にこの顔認証システムを利用して捜査に協力をお願いすることも可能です。

 

応援ポチお願いします(∪^ω^)
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

にほんブログ村 スロットブログへ

↑ ↑ ↑ ↑ ↑
スロットブログ村

コメントを残す